施術後すぐに帰宅できる|小顔になる方法とは【施術を受ける前に調べておこう】

小顔になる方法とは【施術を受ける前に調べておこう】

施術後すぐに帰宅できる

看護師

入浴と運動と飲酒は控える

小顔になる方法はエステサロンでのマッサージや小顔グッズを使用したセルフケアなど選択肢は多いですが、美容整形が一番確実な方法と言えるでしょう。美容整形ではエラの骨を削るリスクの高い形成手術や手軽に試せる注射治療などが一般的です。小顔になる方法は顔の脂肪の多さやエラの筋肉の付き方、骨格の違いによって人それぞれ違うので、最適な施術を選ぶことが必要です。顔の皮下脂肪やむくみが気になる方はメスを使わない脂肪溶解注射が手軽に行えるので話題となっています。脂肪溶解注射は脂肪細胞を分解して溶かし、脂肪を除去しながらむくみも解消できる小顔整形です。治療の流れは来院してメイクを落とした後に医師によるカウンセリングを受けます。医師は頬やあご下など、どの部位の脂肪を除去したいか話を聞いたうえで希望の小顔のイメージに沿うようにデザインします。その後施術後の違いが分かりやすいように写真撮影を行います。施術はまず注入する部位に麻酔クリームを塗布してから薬剤を注入します。施術時間は5分程度と短く、施術後は腫れも少ないのでメイクをしてそのまま帰宅することができます。脂肪溶解注射は1週間程度の間隔を開けながら2〜5回ほど施術を受けるのが効果的です。ダウンタイムは手術や薬剤注入による腫れや痛み、内出血が起こる期間のことで、施術内容や部位によっては日常生活に支障をきたすこともあります。美容整形ではダウンタイムは避けられないものなので、仕事や学校のスケジュールを考えて予約をすることが大切です。小顔になる方法は大掛かりなものではエラの骨切り術や顔の脂肪吸引といった外科的手術があります。いずれも全身麻酔下でメスを体に入れる施術を行うので、腫れや痛みが強く、回復するまでに1週間〜1ヶ月ほどかかります。腫れを抑えるためにサポーターなどで2〜3日は顔を圧迫固定することが必要です。見た目は悪いですが医師の指示に従って装着することで、腫れの引きが早くなります。気になる方はマスクで口元を隠して外出すると良いでしょう。術後3〜1週間くらいは血行が良くなる激しい運動や長風呂などは腫れがひどくなるので、ぬるま湯での短時間の入浴がおすすめです。小顔になる方法は注射を打つだけの手軽な施術もあり、外科的手術にくらべるとダウンタイムが少ないというメリットがあります。最新の脂肪溶解注射はダウンタイムの心配もなく、効果もすぐにあらわれるので手軽に顔やせを実感することができます。しかし体質によっては腫れや内出血が起こることもあるので、注入部位を保冷剤などで冷やし、施術当日は長時間の入浴や飲酒は控えるようにしましょう。

Copyright© 2018 小顔になる方法とは【施術を受ける前に調べておこう】 All Rights Reserved.